社会人ってどこでスポーツやってるの?スポーツビジネスの新しい切り口とは。 株式会社ブースト 内海社長

学生時代は部活やサークル内でスポーツしてたけど、社会人になってからはスポーツする機会が減ってしまった。そもそもの話、社会人ってどういったところでスポーツしてるの?そんな疑問をビジネスに変換した起業家 内海周作さんにインタビューしながら探っていきます。
人物紹介:長堀
TACHIAGEの代表者である長堀泰幸(ながほりやすゆき)。フリースタイルフットボールを会得中。

 

人物紹介:内海社長
株式会社ブーストの代表者。神奈川県出身。日本サッカー協会仲介人であり、現在、スポーツイベントに生きている。

スポーツビジネスでの収益の方法とは?

株式会社ブーストでは、どのようなサービスを提供しているのですか?
弊社はスポーツイベントやアスリートのマネジメント、キャスティングなどを行っています。
スポーツイベントの方は、クライアントさんに企画・運営を委託されるものと主催するものの大きく2つがあります。
スポーツイベント…例えばどういうモノがあるか具体的に教えて頂けますか?
例えば、社内運動会などですね。運動会をやる会社がすごく増えているようで、たくさんご依頼をいただいています。
運動会以外に委託されたケースとしては、昨年、グローバルワークさんからスポーツ系のアパレルを出すので、そのプロモーションを目的としたイベントを何か企画できないかとご依頼をいただき、お父さんとお子さんでヨガをする「パパヨガ」というイベントを企画し、実施しました。
なるほど。親子でスポーツイベントって良いですね。もう一つのアスリートのマネジメント、キャスティングについてはいかがでしょうか。
現在、9名のアスリートのマネージメントをしています。イベント出演、広告出演、取材依頼などの対応・交渉やスポンサー獲得などが主な業務になります。キャスティングでは契約以外のアスリートの方々をクライアント様にご提案しています。

そもそも、どうしてマネージメントをやろうと思ったのですか。
元々、マネージメントは今までほとんでやってこなかったのですが、個人的にはかなり前からマネジメントに興味があり、自分の会社ではそれは必ずやりたいと決めていました。
なるほど。会社の理念にも「あなたのスポーツライフを応援したい」とありますもんね。
そうですね、「ブースト」という社名にもアスリートのマネジメントに対する思いが込められています。ブーストは「応援する、強化する、促進する…」などの意味があるので。
とは言え、今はスポーツイベントの事業が軸でもあるので、理念は「あなたのスポーツライフを応援したい」とどっちにも言えるようなものにしました。
正直後付けでつけた感じです(笑)
なんと(笑)

会社の会議室を運動する場に変える

「スポーツライフ」という単語が出てきたのですが、内海さんにとっての「スポーツライフ」を教えて頂いてもいいですか?

僕は元々野球やサッカーをしていたんですが、今もそれを続けているかっていうとあまり出来ていなくて。自分も含めて、そういう人たちにこそサービスを提供したいって思っています。もう少し身近でスポーツをやりやすい環境を作りたいなと。
確かに、学生時代はスポーツしてても、社会人になるとスポーツする機会がなかったりしますもんね。
そうですね。勿論そもそも時間がないとか、働き方の問題もあると思うのですが、そうやってスポーツから離れてしまう人を、僕達のサービスで何とかできないかなっていうのがあって、今もう一つやろうとしていることがあります。それは企業にインストラクターを派遣して会議室を使って運動してもらうというサービスです
BOOSTアクティブ -> http://boost-inc.jp/active/
スポーツするためにわざわざ別の場所に行くとなると、億劫になる人もいますもんね。

そうなんですよね。会社側が社員に向けて「19時まで仕事して20時に〇〇に来て下さい」と言うより、「19時に仕事終わって、19時半に会議室に集合」と言う方が、絶対にスポーツするハードルを下げられるはずなので。

「スポーツを楽しめる」を目指す

「スポーツのハードルを下げる」……例えば、元々スポーツやってる人は良いんですが…。「社会人から新しくスポーツを始める人」「疲れるから嫌だ」「そもそも苦手な人」「辛いっていうイメージがある人」。そういった人達がいると思うのですが、その人達に対しては、内海さんから何かありますか?
イメージで「キツイ」って思っている人は、それこそ弊社が企画している会社対抗スポーツフェスティバルに参加してほしいですね。
会社対抗スポーツフェスティバル -> http://boost-inc.jp/csc/
例えばフットサルですと、「女性や40才以上の方がゴールを決めたら3点」というルールがあったり、クジ引きで「相手のゴールが2倍」になったり、とにかくスポーツが苦手な方でも楽しんんでいただけるように工夫しています。

おぉ、それなら確かにスポーツが苦手な人でも楽しめるようなルールですね!

これからの可能性

僕は結構、スポーツってビジネス的に難しいイメージがあるんですけど、収益を得るってなった時に、どうやるのかなっていう所を、今後の展望も含めてお聞かせ願えますでしょうか?

スポーツビジネスで「収益を得る」って難しいと思ったのですが、どうですかね?また、今後の展開などありましたら是非教えて欲しいです。

僕はずっとスポーツ業界だけでやってきたんですけど、競合も含めてどの会社も収益をあげることに苦戦していると感じています。正直言ってスポーツは衣食住みたいに絶対に必要というのものではないので、そこに難しさがあるのかなと。
そこで弊社では、法人向けのスポーツのサービスを強化していこうと考えています。それがすでに述べた、社内運動会の企画・運営、会社対抗スポーツ大会の主催、企業へのインストラクターの派遣などです。

例えばチームスポーツで一般の参加者を対象にしていると、卒業してチームが解散したなどの理由でせっかく参加してくれたチームがもう参加出来なくなってしまいますが、法人であれば、そういったリスクが軽減できるのではないかと。また、それぞれの法人向けサービスが相乗効果を生んで、雪だるま式に増えていくのではないかと期待しています。

会社を立ち上げる時に大切なこと

ちなみに、経営を行っていく上でやってしまったっていうことはありましたか?

やってしまったということはあまりないですね。でも、言われるのは、共同代表でうまく行きますか?って結構言われますが、僕たちは9年ほど一緒に働いていたので、お互いにストレス感じずにやっていけていると思います。
そう言う体験談を聞く、「起業したいけど一人でやるのは不安だ」っていう人は安心できますね。僕もそういうのやりたかったな(笑) 内海さんは、最初から起業したいって思っていたんですか?
元々、大学生くらいの時からいつかは独立しようと思っていました。というのも、僕が10歳の時に父が独立したのですが、「人に使われていたら仕事なんて面白くない。いつかは自分でやれ。」と高校生ぐらいからずっと言われ続けていました。なので、自然にいつかは自分でやろうと考えるようになりました。
予定より遅くなってしまったんですけど、37歳のタイミングで一緒にやりたいと思った人と会社を作ったという感じですね。
最後に、これから起業しようとしている人へメッセージをお願いします。
会社を立ち上げるとなったら最初は基本的に少人数じゃないですか。だから、一緒にやるメンバーに誰を選ぶかが何より大事だと思っています。「自分より優秀な人」「自分より圧倒的に優れている部分がある人」と仕事を始めることが本当に重要だと今実感しています。

218 Views 0
応援する