誰でも金融にかかわれる⁉金融を”再開発”する 株式会社FINATEXT 林社長

一般の方々でも金融に触れられるように「あすかぶ」や「かるFX」などのサービス開発を進めていらっしゃる林さんへのインタビュー。起業までの経緯や経営スタンスを伺いました。
人物紹介:斉藤
ほっこりする世界観が好き。最近料理を始め、みじん切りを覚えた。

 

人物紹介:林社長
東京大学経済学部卒業後、英ブリストル大学のComputer Scienceを経て、日本人初の現地新卒でドイツ銀行ロンドン支社に入社。ドイツ銀行ロンドン投資銀行本部機関投資家営業 GCI Asset Management ヨーロッパ大陸日本プロダクト営業統括を経験。2013年、株式会社Finatextを創業。

起業のキッカケ

今のビジネスをされたきっかけを教えてください。
もともと、新卒の仕事がロンドンでスタートした投資銀行だったんですけど、日本のプレゼンス(立場)が下がっていました。

いろいろ世の中に課題があると思うんですが、高齢化とかデフレとか、そういった中で株価がうまくいっていないと感じました。

当時は日経が9000円切るとか、そういうような世界でもありました。その中で「どうして日本だけが見過ごされているんだ」って想いがありました。

それはきっと金融市場への参加者が少ないから、結局日本は貯蓄に身を置いて投資をしないのではないか、そこが問題なんじゃないかと気づきました。

勉強を!

それで一般消費者向けのサービスにされたんですね。

金融という分野を一般消費者向けのサービスにすることはとても難しいと思うのですが、林さんご自身がサービス設計をされたのでしょうか。

結構、僕自身がしましたね。いろんなアプリを触ってみてとか。僕はスタンスとして手を動かすんです。

例えばアプリとか、記事を読んでたりとかしました。

考えてほしいのですが、例えばいいアイディアだってで起業するとするじゃないですか。

でも100%誰かがやっているので。

もっと厳しいこと言うと自分よりIQ高いやつってきっと無限にいるから。日本でもね。

稲盛和夫もよく言っているんですけど「人生の向かう方向って情熱と時間と能力」ってあって。能力低かったらシンプルに時間を五倍にするしかないんです。

そうですよね。

御社のアプリをダウンロードさせて頂いたのですが、僕みたいな素人からしても、アプリ内にコミュニティがあったりSNS機能もあったり、身近に感じるものはあったんですよね。

正直若年層ってお金に関しての知識が本当にほぼないと思うんですよ。学ぼうと思っても学ぶ機会もないじゃないですか。

僕らがやっているのは20~30代向けというか。まあ日本の場合だとちょっと平均寿命が長いので40代もターゲットに入れているんですが。

大前研一も言っているんですけど、世の中で必要とされているのはITスキルと言語スキルと金融スキル知識です。

その時に金融知識ってあまりダイエットをするほど短期的なものじゃないんですよ。似てはいるんですがダイエットよりは複雑で長期的なものなんですよ。

例えばダイエットだったら二週間すごいがんばっていい生活して運動すれば100%痩せるでしょ?

でも金融の場合は二週間頑張ればお金が増えるわけじゃないから。だから金融の場合は十年くらいのスパンとか二十年くらいのスパンとかで見れば差別化ができるかなと。

そのためにはお金の勉強すればいいとか言われてもピンとこないじゃないですか。

はい、まったくこないです。
究極勉強じゃなくて漫画とか読みたいじゃないですか。けどアリストテレスとかも言っていますけど、学習っていうのは基本苦痛を伴う物なんですよ。

でも苦痛を伴って学習できる人に教育なんていらないんですよ。

だからなるべく毎日すこしでも触れさせておけるようなそういったサービスをやりたいなってずっと思っていたんですよ。

そうなんですね。

今までの話を聞いていると、経営に対してとてもストイックにされている印象を受けるのですが。

全然ストイックじゃないっす。頭もよくないし。

普通の人に比べたら頭いいけどでも普通の人と勝負してないから。孫さんたちと勝負しているから。そうすると勝てるわけないじゃんって話になります。

そしたら、いかに自分より優秀な奴を一緒に働いてもらうかとか多分自分のそういうことをどう理解してやってもらうかって話になりますね。

チームはどうあってほしいか

なるほど。

会社の内部についても伺いたいのですが林さんのティール組織の記事ノートをみさせていただいたときに、やっぱりこれからの会社のあり方、結構細かいところまで体現されてるなと印象を受けたんですけがそれはどうしてですか。

社員が会社の一員としてドライブできるような環境をどう整えるかっていうとこですね。

あとは、僕は客観的に見るとそこそこの実績を出していて。そうすると、自分が何者であるかっていうとこに勘違いしやすいんですよ。誰でもなるんですよ。

だからみんなに「違いますよ。」っていってもらえるようにこうなっただけですね。別にティールを目指してたわけじゃないんです。

それを一番はじめからやられてるわけじゃないですか。

その理由は何ですか。

僕はただこの会社を世界で一番にするにはどうしたらいいかっていうことを合理的に追及しているだけです。

僕はそんなにまだ強い人間じゃないんで。僕以上に会社が成長しないと無理だから。

そしたらそういう組織にしないといけないなと。

ありがとうございます。今後に関して会社としてどういう風にしていきたいと考えていますか。
会社としてどうしたいかっていうとやっぱり変わらずです。

まず従業員の報酬を上げたいなっていうところがあります。

そして従業員がやりたいことと会社がやってほしいことを合わせることですね。

誰もが意見を言える環境を作られていますが、人の話を聞くときに気を付けていることはありますか。
今事業で実績残しているとしても、僕の言っていることが正しいとは限らないじゃないですか。

逆に自分より「まだまだだなこいつ」みたいな人を軽く見ないほうがいいです。

その人はその人ですごい考えてて、ただ実績が出てないだけかもしれないから。

そういう意識でいますね。

だからどんな人の話も聞くというスタンスなのですね。
そうですね。逆に偉い人にこびないですし、若い方の話も軽視したりしないですね。

事実は事実だから。本当、僕これ合理的だと思っているからやっているだけで全然かっこつけてやっているわけじゃないんですよ。

合理的にやっていかないと今の世の中早いからね。

起業していくには

そうなんですね!ありがとうございます。

拝見した記事で「起業するときには無理やり始めようとはせずにタイミングが合えば波に乗ったほうがいい」という考えであると。

あれはどういうことなんですか。

今の僕から見ていると起業満足野郎が多すぎるんですよ。

起業しています、ってなんも偉くないからね。それってできるじゃんって。登記したら終了っていう感じなので。

それで終わりではなく勝たなきゃ意味なくて。勝つっていうとあれだけど成功するために自分の自己達成をしていくかっていうことが大事です。

だからそれをしなきゃ意味ないから。だからあんま勝てなかったらやる意味ないよねっていうのが僕の思想なんですよ。

ちゃんと成功させるって意識するんだったらちゃんと風を感じとらないと。

成功のためにはタイミングが大事ということですね。
はい。だからちゃんと見極めをしたほうがいいよって話です。というのもほとんどの起業うまくいかないケースが多いから。僕らも含めてね。

今僕らも何とかなってるかもしれないけど、もう一寸先は闇だから。

だからそういう厳しい側面を把握して始めないと、結構痛いことにあうよっていうのを伝えたかったんですよ。

なるほど。
そんなに簡単なことじゃないから。

ただそれでも起業したいっていう人は、起業したい理由をちゃんと説明できるかが重要だと思います。

それが明確でないと大変です。起業って結構つらいことのほうが多いから。

投資家の方が自己承認欲求で経営している人は本当にうまくいかないって言っていました。
そうなるんですよ。ただそういう汚い欲求って短期的な分にはうまくいくんですよ。

マークザッカーバーグが失恋してFacebook作ったとか。だからそれは別に健全な話なんですよ。

女の子にもてたいとか、注目されたいとか。それは別にいい、それがないやつのほうが僕的には嘘っぽいです。

けどそれだと永遠に続かないから。それをやっていく中で多分、本物のものをみつけていくっていう流れだと思うんですよね。

ただそうなると勝ってなんぼなわけですよ。勝たないと本当にこの世の中は残酷なので、死ぬ奴はいるんですよ、なんなら1人生きてて50人死んでますから世の中。その現実はわかったほうがいいよっていう。

だから起業したいんですけどって僕のとこに来ますけど僕は結構ビビらせます。

ビビった上でやるんだったらいいんじゃねって。簡単に起業したらとは言えない。

コスパはよくないから。時給計算したら200円切ってんじゃないかなって思う。本当に。

それでも苦しさの中に楽しさがあるんですよね。
はい、そうです。僕はもう楽しいと思っているから仕事しています。
ありがとうございます!本日のインタビューは以上になります。

14 Views 0
応援する