夢は妄想に投資する会社を創ること⁉急成長しているマーケティング会社のビジョンとは⁉ 株式会社ファンベスト 藤間社長

ホリエモンに憧れて本当は中学を卒業して働きたかったと語る藤間社長。その激動の人生と今後のビジョンを伺いました!
人物紹介:齊藤
ほっこりする世界観が好きな人。最近料理を始め、みじん切りを覚えた。

 

人物紹介:藤間社長
株式会社ファンベスト代表取締役社長。某営業コンサルティング会社にてプロジェクトマネージャーとして活躍後、独立。

小さいころからホリエモンに憧れて

まず一番初めのお仕事の話からお伺いしたいのですが、大学卒業されてからは営業の道に進まれたんでしたっけ?
実は僕、大学は中退してしまったんですよ。

当時は若くてサラリーマンを馬鹿にしているような人間で、ホリエモンに憧れてたんです。

ホリエモンですか、早くから憧れていたんですね!
はい。だから中卒で働きたかったんですけど、「大学には行ってくれ」と親に言われてしまって。しょうがないから高校、そして大学。

ただ中学からずっと働きたいと思っていたので気持ちの限界がきちゃって。それでやめたんです。

一番最初は何をされたんですか?
夜のお仕事です。
えっ!それはなぜですか?
横浜で一人暮らしをしていて日払いのアルバイトを探していたんです。

当時起業というのが頭にあったので、起業する力を身に着けるために「営業」で、かつ「お金が稼げるもの」を探して、そしたらホストが出てきたんですよ。

それはどのくらいやられたんですか?
一年半くらいですね。

そこから夜の仕事がまったくホリエモンに結びつかなくて(笑)

そうなんですね(笑)その後はどうされたんですか?
友達から営業を誘われました。営業って言葉が刺さりましたね。
そこは何の営業だったんですか?
訪問販売だったんですよ。それは一年間くらいやりました。

そこでうまくいって天狗になりましたね(笑)

孫正義に憧れて

そうなんですね(笑)
そこでまた「自分何やっちゃってんだろうな」と思ったんです。

ずっとホリエモンホリエモンだったので。

なるほど!そこからはどのような進路に進まれたのですか?
ある日先輩に飲みに誘われまして。そこで、起業をするならお金ではなく志が重要だと言われ、その先輩に誘われてソフトバンクの株主総会に行ったんです。

その時孫正義さんが言っていた理念とかビジョン、戦略の世界観が違うなと思いました。

それから今はITの時代で、それをしなければいけないと思いました。

そこから訪問はすぐ辞めましたね。(笑)

そこからはIT企業に?
はい。

また知り合いでIT企業の社長さんがいてそこに入れてもらってプログラミングを始めたんですよ。

プログラミングをご自身で学ばれたのですね!
結果、三か月で挫折(笑)。別に孫さんはプログラミングできないだろうと思って営業でいいやと思いました。

起業と採用

確かに少しはできるけど武器にはしてないですよね。
そしたらITの社長が「藤間くん営業だっけ?」って言われて「営業は余裕です」と答えました。もう天狗になっていたので。

「なんの営業?」と聞かれ「訪問です!」って言ったら「それ営業じゃなくて詐欺っていうんだよ」と言われました。

それはまた強烈ですね。
人をだましてどや顔で、「なんでやんないんすか?」みたいな。これが営業だと思ったんですよ。

そこからその社長さんのつながりで営業会社に入りました。

そこから独立されたんですね。

一番最初のサービスは営業のコンサルというのは決めてたんですか?

そうです。
一番最初の立ち上げの時期で一番大変だったことは何ですか?
人ですね。
なるほど…!今の社員数は何名ですか?
120名くらいですね。
え、設立2年で120人位になったんですか?何があったんですか!笑
リスクを取ろうと決めたんです。

実は拡大すればするほど顧客の満足度は下がっていって、僕一人でまわしていたほうがうまくいくのですが、この組織を大きくしたいという想いがあったので人を採用することを決めました。

そこから借入もして、採用に突っ込もうと決めました。

採用はどんな感じで進めたんですか?
基本両目つぶって採用ですね。本当に落としていないです。全員合格させました。

もう拡大しなきゃだめだと感じていました。このままじゃサラリーマンやっていたときと変わらないなと。

それはすごい。。
もちろんそのあとは資金繰りが大変でしたが、今はそれで良かったと思っています。

将来のサービスは!

将来的には何か自社でサービスを作りたいという想いはありますか?
ファンドを作りたいんです。孫さんがすごい額でやっているじゃないですか。
しかも彼は有名な投資家よりうまいですからね。
シリコンバレーは昔は投資家が少なかったんですけど今やそれが逆転していて、投資をしますという人がたくさんいます。

ということはファンドも競争力がないと勝てない時代なんだなと感じました。

確かにそうですね。ホームページに”妄想で投資ができる世界”を目指していると書いてあったんですが、それはどういう意味なんですか?
グーグルの日本法人の社長の話なんですけど、「グーグルは妄想に投資します」と言っていたんです。

世の中で妄想に投資している会社ってあるのかなとふと疑問に思ったんです。

その言葉にとてもワクワクしました。

言われてみればそうかもしれないですね。
もちろんファンド会社の母体が儲かってなきゃダメですけど、儲かったお金を妄想に投資する会社は数少ないなと思っていて、そこをやっていきたいなと思っています。
素敵ですね!ありがとうございます。

最後に将来の起業家にメッセージをお願いします。

僕の経験から言うと、経営学や本でビジネスを学ぶ人は多いですけど、とっととやったほうがいいと思います。

ただとっととやるためには結局お金が必要なんですね。だから稼げるスキルが身に着けたらとっととやる。

それをやりながら考え、常にインプットをしていったほうがいいと思います。

まずやってから経営を勉強して失敗していったほうがいいと思います!

 

75 Views 0
応援する