企業の弱点を突いた人材紹介で相互利益を生み出す!23歳の挑戦。 株式会社逸材は君だ 酒井 翔平さん

終身雇用制度の崩壊とともに、人材紹介業はますますレッドオーシャンと化しています。あえてこの荒海で戦うことを選んだ23歳社長の戦略とは?求職者と就職先企業の双方が得をするカラクリに秘密がありました。転職エージェント『株式会社逸材は君だ』代表の酒井翔平さんにお話を伺います。

 

企業が求める人材は作れば良い。時代のニーズに解を合わせた成功の方程式。
酒井さん、本日はどうぞよろしくお願いします。早速ですが、『株式会社逸材は君だ』は、どのような会社ですか?

 

人材紹介サービスを展開しています。その過程で、求職者に対してウェブマーケティングや営業、企画の研修を行うのが弊社の特徴です。特にウェブマーケティングおいては、中小企業を中心にとても需要のあるスキルなんです。

 

人物紹介:長堀さん
若い起業家の力になりたいと、働き方改革ムーブメントの昨今に限界を超えて働きまくる28歳。自身も、顧問紹介業『SEASIDE』と、起業家インタビューメディア『TACHIAGE』の代表を兼任する起業家。

 

人物紹介:酒井さん
23歳という若さで人材紹介業に新しい風を吹き込む起業家。尊敬する人は孫正義氏。

 

『ウェブマーケティング』は最近良く聞く言葉ですが・・・?

 

ウェブマーケティングは、広告費や人件費を最小限に抑えつつ、売り上げを作り、企業に利益をもたらします。
それほど難しくないので求職者にとってはイロハを学びやすいですし、一方で企業にとっては、専任者自体が不在であったり、正しく運用できていない場合も多いので、一石二鳥なんですよ。

 

なるほど。インターネットなしではサービスが立ち行かない現代においては、ウェブマーケティングを活用できる人材が必要とされているんですね。

 

ウェブマーケティングは低コストで始められるので、挑戦したいと考える企業、更なる利益の拡大に期待する企業が多いんです。そういった環境で結果を出せば、やりがいを感じられますし、高待遇も見込めます。
今後、弊社が特に注目しているのは職人さんです。商材自体の技術は長けていますが、それを広める技術や手段を持たれていない方が多く、非常にもったいないと感じています。

 

日本の職人産業をまだまだ盛り上げることができそうですね。実際に導入された企業からの反応はいかがですか?

 

「今まで人を雇いすぎていた」「アプローチの方法を間違っていた」という声を多くいただいています。事業の方向性に手応えを感じています。

 

起業するなら早ければ早いほどいい。プレッシャーに晒す孫流の成功方法。
起業の経緯について教えてください。

 

20歳の頃、中小企業向けにウェブマーケティングコンサルタントをしていた2歳年上の「師匠」に刺激を受けて、自分も見よう見まねで教え子を増やしました。それが起業のきっかけになり、現在に至ります。

 

恩師との出会いがあったんですね。他に刺激を受けた方はいますか?

 

孫正義さんが好きで、たくさん本を読みました。同じエピソードでも、書き手によって解釈が異なるのも面白いんです。リスペクトする一方で、孫さんのしてきたことが自分にできないかというと、そうではないように感じています。周りからは無理だと言われても、大きな目標を公言し、自分にプレッシャーをかけることは、誰にでも実践できると思います。

 

プレッシャーの中での仕事は楽しいですか?

 

はい、楽しいです! 企業の成果や成長が目に見えると、サポートをしている実感があります。とは言え、今ほとんどの時間は教鞭を執っているので、自分自身の成長が止まることのないよう、気をつけたいと思っているところです。

 

酒井さんは非常に若くして起業されていますが、起業までのスピード感についてはどのように感じていますか?

 

起業は早い方が良いと思います。幼稚園や小学生のうちからユーチューバーとして活動するのも面白そうです。企画のプロセスを体験することができますし、視聴者からの反応はニーズを学ぶのに良い経験になるはずです。
人が何を求めているのかがわかると、自信を持って積極的に行動できるようになり、自然とコミュニケーション能力も上がりますよ。

 

なるほど、インプットとアウトプットを繰り返す経験が多方面に良い影響を与えるのかもしれませんね。ということは、起業したいと考える人は学生時代から働くべきなのでしょうか?

 

遊びながら学び、働きながら学ぶのが一番だと思います。全ての経験を血肉にできたら良いですよね。

 

質の良い経験を得るには、遊びと労働とのバランス感覚も大切かもしれません。酒井さんはアクティブなタイプとお見受けしますが、「まずは行動する派」ですか?

 

はじめは、何よりも行動に移すことが大事だと思います。というのも、最初は知識や経験のない状態で考えても、良い答えが導き出せるとは限らないからです。まずはマネをすることから始めて、経験を積んで、だんだんと自分で考えて行動するようにします。

 

まずはマネでもいいから、動けと。同感です。

 

研修には「営業」もあるとのことですが、酒井さんご自身は営業マンとしてもご活躍なんですね。エンジニア色の強いウェブマーケターとは両極にある気がしますが・・・。

 

今でこそ人前で喋る機会が多いので問題ないですが、以前は声が小さくて、人の目を見て話すことが苦手でした。ただ仕事をするうえで、コミュニケーションやプレゼンテーションを避けては通れないので、やるしかありません!向き不向きはあっても、誰でもある程度のレベルまでは到達できると思います。

 

よくピッチイベントなどでもお話しされていますもんね(笑)

 

失敗のない成功などあり得ない。失敗を積み重ねてこそ資産になる。
今後、『株式会社逸材は君だ』をどんな会社にしていきたいですか?

 

弊社で育てた人材が、日本中で活躍してくれると嬉しいです。それから、外国人が日本で働きやすい環境も整えようと考えています。
それと、社名が日本中で認識されれば面白いかな。

 

ですね、かなりキャッチーだと思います(笑)

 

最後に、起業したい人へメッセージをお願いします。

 

大学1年の夏に本格的に活動を始め、独立して3年半ほどが経ちますが、失敗しても大丈夫だ!と勢いで始めたのが良かったと思っています。
起業となると、借金のリスクなどマイナスのことばかり考えてしまいますが、やらない理由を並べるのはもったいないです。それから、失敗は積み重ねた者勝ちなので、失敗したほうが次に成功する可能性が高くなると考えて積極的に挑戦してください。失敗は必ず資産になり得ます。

 

「失敗は積み重ねた者勝ち」はまさに名言ですね。早速行動に移そうと感じた人も多いと思います。本日はどうもありがとうございました!

 

374 Views 1
1件の応援
応援する