IT業界の多重構造を壊していくA-STARさんのインタビュー! 株式会社A-STAR 高瀬社長

株式会社ネオキャリア、株式会社エージェント・テクノロジー・グローバル・ソリューションズ、そして現在の株式会社A-STARを創業してきた高瀬さんへのインタビュー。なぜ今IT人材に注目されているのか、そして起業家としてのスタンスをお伺いしました。
人物紹介:飯田
1980年生まれ。成蹊大学卒。『社員が幸せな会社は儲かる』ビジネスモデルを実現すべく経営者となる。好きな言葉は「最大多数の最大幸福」。とにかく幸せが好き。

 

人物紹介:高瀬社長
1977年生まれ。埼玉県出身。祖父に憧れ新卒から起業家の道を歩む。2011年に、孫正義氏の後継者育成プロジェクト「ソフトバンクアカデミア」外部1期生に選ばれる。

事業について

まずは簡単に事業のご説明をお願いします。
フリーランスに特化したマッチングサービスを行っていまして、今会員が約1万2千人います。ご利用企業がだいたい100社くらいです。一言でいうとITフリーランス支援の事業ですね。
IT人材の平均年収が500万ちょっとですよね。貴社のサービスのからくりを教えてください。
業界としてはプライムベンダー、二次受け、三次受け、四次受けっていう下請け構造の中です。

多重構造になる分報酬が減少していくので「日本の多重下請け構造」っていうIT業界の根深い問題なんです。

ですから商流が浅ければ浅いほどエンジニアの報酬って高いんです。

そのためWEB上で企業とフリーランスエンジニアが直接契約を結ぶことができるようなプラットフォームを作っているんです。

ビジネスモデル的にはそこで手数料を頂いているのですか。
そうですね。10%~20%手数料いただいています。

実はIT系の人材会社って手数料40%~50%とるんですよ。保険とかもあるのでそれ自体は仕方ないんですけど。

ただそこを抑えれば抑えるほど本人の手元に残るお金が現実高くなるので、我々は基本的に10%~マックスでも20%くらいですね。

だからその分エンジニアの報酬が上がるんです。

これからの組織のあり方

そうなんですね。

今御社が多重構造を崩そうとしているのもヒエラルキーじゃないですか。

御社のホームページとか拝見させていただくと会社としてのヒエラルキーもなにかホラクラシーに近いですね。

そうですね。意識しているのは無駄に組織化しないっていうことです。

例えば社長、リーダー、メンバーの三階層でいいんです。

そうですね。私もその自由が一番いいと思うんですよね。
本当マネジメントする必要って本当にないんじゃないかなって思っています。

みんなやたらマネジメントマネジメントって管理したがるじゃないですか。

そうするとすごく窮屈になるから、マネジメントはしません。

僕もそういう経営をめざしていきたいですね。

ただやはりヒエラルキーの世界の中でずっと過ごしてきたじゃないですか。だから試行錯誤というか頭抱えちゃいますよね。

Aさんにマネジメントやらせたいってなった時にそれってヒエラルキーの始まりなので。

どうしていけばいいとお考えですか。

実はマネジメントしたほうがよかった時代背景というのがデータとしてもあります。

企業の存続年数って60年、まあ30年くらい前は60年くらいあったんですよ。だから一つの上場企業がその地位を60年くらい保っていられたんですけど今って18年までに減っちゃっているんですよ。

その60年も自社の地位を存続しているときっていうのはしっかりとマネジメント化させてピラミッド化構造にして終身雇用にしたほうが会社って伸びるんですよ。60年もその地位を守っていられるので。

でも今って存続期間が18年しかなくなっちゃったから逆にピラミッド構造にしちゃうとその企業が存続できるかできないかわからないので、結局組織化されないんですよね。

企業の留数年数が僕らの父親の世代と僕らの世代が全然違うのでそこがめちゃくちゃ影響していて、そこの本質をとらえていないとピラミッド型の組織を作ろうっと思っちゃうんですよね。

その時代なんですね。
これから起業する人たちにとって響く事実ですね。

未来の起業家へのメッセージ

起業家候補、予備軍の人たちに向けて何か高瀬さんのほうからメッセージをいただけますか。
そうですね。

一つは当たり前なんですけど10年以上続けないと自分が向いているか向いていないかわからないのでスポーツと一緒なので、よく言うのはスポーツ選手で有名な人って幼いころから野球一筋、作家一筋じゃないですか。

そういう人しかプロの光輝けるところに行けません。

15年くらいはやっぱり起業家として社長として地道に努力を続けなきゃいけない期間です。

もう一つは自分の適性をよくしること。自分がどういうタイプか知らないと15年も続けられないですからね。

たとえば0→1が得意なのか1→10が得意なのか。自分ひとりでアイディアだしてがつがつやるのが得意なのか、それともみんなをまとめてチームプレーが得意なのかそういうのいろいろあると思います。

それで一般的に起業家タイプの人、経営者タイプの人って分かれてくると思うんですよ。結局チームなので自分に持っていない人を集めるのが一番いいんです。

最後は何のために仕事をしているのかということですね、これめちゃくちゃ重要なので。最初は利己的な考えでもいいと思うんですけど、ただ単純にお金を得たい、いい車に乗りたい、かわいい子と遊びたい、いい家住みたい、いいモノ食べたい。

そういう利己的な発想でもいいと思うんですけど、それだけでは続けてられないので、そこに社会性が入ってこないと、十年十五年って続けられないので。

で、だいたいみんな利己的な考え方しかできない人たちは途中で荒波にもまれて消えていっちゃうじゃないですか。

その中で10年15年続けられる人って八割の自己顕示欲、二割の社会性を持っている。自己顕示欲をなるべく隠せるかっていうのが、起業家とか経営者としても素質かなと。

「おれ儲かっている」っていろいろやりだすと自己顕示欲の塊で社会性がなくなっちゃうので周りから白い目で見られて消されるっていう。僕が新卒のネオキャリアから一貫してやってきて思うのはこの三つですかね。

目指しているもの

高瀬さん自身は何を目指して働いていらっしゃるのですか。
祖父のようになりたいと思っています。

祖父は栃木県の矢板市という小さい町で市議会議員の議長をやりつつ事業をやっていたんですけど、矢板市はシャープの企業の城下町でものすごく栄えた町なんです。実はそのシャープの誘致に成功したのが僕の祖父で。シャープの工場の誘致に成功したので町が非常に豊かになったんです。

最終的には人の雇用を生み出したり、新しいことを持ってきてお金をまわすようなことをやらないと周りの人たちが豊かにならない。 

だから祖父の周りには人がめちゃくちゃ集まってる。祖父は他界してますけど昔は正月とかにどんちゃん騒ぎの宴会をやっていて。そういうのは非常に憧れますね。

きっと儲かることを考えているけど社会性がすごくあるのでわかりやすいですよね。周りの人から支持される。

そこは切り離せないですからね。社会性×お金ってところは必ずリンクしないと自己満足でおわったり長く続かなかったりするので、それ重要ですよね。
自己顕示の部分と、自己顕示がなければそもそも起業しようなんて思わないと思うので、大事だと思うんですけどそこの社会性のコントロールがうまい人って孫社長だと思うので、ああいうバランスがとれた人になりたいなーと。

人のために社会のためにみたいなぼくそんな大それたこと言う気もないし。

そんな善人でもないので国会議員でもそういうこと言っちゃって陰では変なことやっているからみんなたたかれるんじゃないですか。僕は全くそういうのはない。偽善っぽいそういうのではなくて自己顕示と社会性のコントロールする中でやっていきたい。

そういう感じですね。

なるほど。それではインタビューは以上になります。ありがとうございました。

13 Views 0
応援する