働く場所を制限されない環境作り 株式会社ブルーエージェンシー 前田社長

オンライン面接に特化したサービスを提供する株式会社ブルーエージェンシーの代表取締役 前田社長にインタビュー。
人物紹介:齊藤
ほっこりする世界観が好きな人。最近料理を始め、みじん切りを覚えた。

 

人物紹介:前田社長

web開発会社の経験を経て、知人とブルーエージェンシーを立ち上げる。2016年に代表取締役に就任し、120名を越える会社へと成長させる。

本日はよろしくお願いします!
よろしくお願いします。
まず、弊社のサービスを教えてください。

はい。我々、株式会社ブルーエージェンシーはweb面接に特化した「interview maker」というアプリを提供していす。

面接をしたい人はアプリをダウンロードしていただくと、どの場所にいても面接ができるようになります。導入企業の面接担当者にはアプリ内に、評価シート・メールシステムが導入されているため、いちいちメモを用意していただく心配も、面接者を別のツールで管理する必要がなくなります。

なるほど!web通話ツールと採用管理機能が一つになったサービスなんですね!新しいですね。

叶えられるかわからない目標を

前田さんの以前のインタビュー記事を拝見した時に、会社を立ち上げられた背景が少し普通ではない….みたいなことを拝見したのですが、詳しく教えてください。

普通ですよ(笑)

他の人はどうかはわからないですけど、僕が会社を立ち上げたというよりかは、最初からメンバーが何人かいて、その中に僕がいたから代表になっただけって話なんですよ。

前田さんがメンバー集めて、サービス考えて、会社立ち上げよう!といった流れではなかった、ということですか?

そうですね。

元々web系の会社に勤めていて、その知り合いの中で会社を立ち上げる意思がある人が集まっていたから会社を立ち上げたっていう感じです。

勿論年上の人もいましたし、僕が最年少でしたよ。

今のサービスは、その時から考えていたのですか?

そうです。

最初のサービスは少し形が変わって、アルバイトの面接をwebでできるサービスだったんですけど当時はweb面接をあえて選ぶ人がいなかったので失敗しました。

そうなんですね。

確かにwebで会議とか面接って最近のツールってイメージありますもんね。

そうなんですよ。
そこから少し形を変えて企業に対しての面談、商談ツールとしてサービス提供し始めたということですか?
そうです。

なるほどなるほど。

起業しようという気持ちよりかは、周りにつられて起業しようといった方が近いんですね!

そうですね。
サービスを提供し始めた当初からお客さん(利用企業)はある程度集まっていたのですか?

全くいませんでした。

最初は無料でやっていたんですけど、月に3社ぐらい集まれば良いほうでしたよ。

でも、月3社のまま続けても実績も作れないしスピードも追いつかないので代理店とか他の方法を試行錯誤してなんとか600社ぐらいまで行きました。

その後、有料化しました。

なるほど。

600社が無料で導入されてその後有料化する時に、離脱される企業さんもいらっしゃるかと思うのですがどうでしたか?

そうですね。

離脱した企業もありましたが、形は問わず契約してくれる企業が多かったです。

そうなんですね。スタートアップの企業さんって良いプロダクト、サービスを持っていても最初の導入のフェーズって大変だと思うんですよ。

御社だと3社から600社に増えていくフェーズを乗り切れたきっかけってなんですか?

僕らの場合は高い目標を掲げていました。1年で1000社っていう。

結果としてはその目標は1年では達成できませんでした。でも、そのためにやり方をどんどん変えていきました。

代理店を使ってみたり、アフィリエイターを入れてみたり、ある程度形になってきてから営業マンを沢山増やして今の形になりました。

高い目標を掲げてメンバーが同じ方向を向いていたから突破することができたんですね!
そうです。

月曜日を快適に

話は変わるのですが、現在社員は何名ぐらいいるのですか?
最初は4-5名から初めて、現在は120名ぐらいまで増えました。
人数が増えていく上で名前と顔が一致しなかったり体制とか大変だと思うんですけど、わからなくなることってないんですか?
わけわからなくなりますよ(笑)
そうですよね(笑)社員が増えてくると抜ける方もいると思うんですけど、やはり抜ける方もいるんですか?
まあ0ではないですけど、多くはないと思います。
何か特別なことをされているんですか?

そんなに特別なことはしていないですよ(笑)

んー、なんですかね。ベンチャーあるあるだと思うんですけど、上下関係がなくてフラットなので言いたいことは言えると思いますね。

あと、制度に関しては”ハッピーマンデー”って言うのがあって月曜日が12時出社の時があることですかね。

”ハッピーマンデー”良い制度ですね!僕のところも導入してほしいです(笑)
是非導入してください(笑)
はい(笑)

制限されない環境を

少し漠然な質問になってしまうのですが、現在1000社以上の導入企業と、100名を越える社員がいる中で未来像といいますか、今後の目標はなんですか?

そうですね。最終目標はやはりweb面接が当たり前になることですかね。少しずつ当たり前になってきていますが、それを作りにいくのが僕らのミッションです。

求職者の方にとってどこで誰と働くかってとても重要なことで、距離が遠いとか時間がないからといって制限されないようにチャンスを提供したいということを掲げています。

遠いからといって諦めてしまうのではなく一生働く会社かもしれないからしっかり考えるチャンスを与えたいという思いなんですね。
そうです。

大変な経験も

最後になるんですけど、将来の起業家や学生に向けてメッセージやアドバイスをお願いします。
僕が初めから立ち上げた訳ではないから少し難しいんですけど、ベンチャー企業の経験は一度積んだほうが良いとは個人的に思います。
どうしてベンチャー企業なのですか?

やはりベンチャーを経験すると会社を立ち上げる時の注意事項や苦労を経験できます。

また、営業だけじゃなくてバックオフィスなど会社を立てる全てを学ぶことができると思ったのでベンチャーで経験を積むことが良いと思います。

いきなり起業するのではなくてまずベンチャーなど起業している所で経験を積んで、起業したら高い目標を立ててそこに向かって突き進むのが成功の鍵ということですね!
そうですね。
本日はありがとうございました!

644 Views 0
応援する

頑張る人を支援する、挑戦者の応援メディア