バスケットボールを通して最高の自分を目指す環境を提供する 株式会社ERUTLUC 鈴木 良和 社長

今回はバスケットボールの家庭教師や講演事業をされている株式会社ERUTLUC様をインタビューさせていただきました。起業する上での着実なステップについても詳しく伺いました。

人物紹介:小林
TACHIAGEの起業家インタビューアー。バスケが大好きで、小中学校の時はバスケが中心の生活だった。今は運動不足でなかなか前のようには動けない。

 

人物紹介:鈴木良和 社長
茨城県出身。バスケットボールの家庭教師という事業を立ち上げ、子ども達の指導、コーチの育成等を行なっている。

起業に至るまでの道のり

鈴木さん自身もバスケットボールを子どもの頃からされていたのですか?
はい、小4からスポーツ少年団でミニバスケットボールをやっていました。バスケは大学まで続けました。
いつ頃から指導者になることを意識されるようになったのですか?
中学校がバスケの強豪校で全国大会で優勝したりするような学校だったんですよ。
そんな先輩達を見ていると、ちょっとこのレベルでやるのは僕は無理だろうなって感じでプレイヤーとしての未来がなんとなく見えてしまったんです。

プレイヤーで一流になるのは無理だと思った時に、でもやっぱり何かで卓越したいという思いはあって、中2ぐらいから指導者をやりたいなっていうのは思っていました。
素晴らしい先生を見ていて憧れもありましたし。

仕事としてバスケに関わり始めた経緯はどのようなものですか?
大学院の時にバスケの家庭教師っていう事業を思いついてからですかね。
大学院の時に母校の大学のコーチをやりながら自分で事業を立ち上げてっていう感じなので、そこがスタートでしたね。
その事業を思いつくきっかけっていうのはどのようなものだったのでしょうか?
そもそものきっかけは高校時代にあります。
僕はバスケの強豪中学から進学校の高校に進みました。
そこにはやっぱりいろんな中学校から人が集まるんですけど、バスケのことは同じくらい好きなのにどこに住んでいたかによって教わる技術も知識も差があるなと感じたんです。
当時はバスケの指導者や環境は選べなかったので、教わりたいって子が指導者を選べたらいいなと思いました。
でもそのために起業をしようなんて当時は全く思っていませんでしたね。

大学時代もバスケを続けていたのですが、そこで恩師との出会いがありました。
その先生に出会ってから、1つのチームを強くするんじゃなくて、指導者を育てて影響力を大きくしていく卓越性に魅力を感じたんです。
指導者を育てる指導者になりたいと思って大学の教授になろうと思ったんですよ。それで大学院に進みました。

大学院に進んだら、自分の好きにやるんだからさすがに親に学費を出してもらうわけにもいかないので自分で稼がなきゃと思って。
当時は勉強の家庭教師のアルバイトが時間単価の割りが良かったので、自分で募集して個人契約でやろうと思ってHPを作ったんです。
その時に、バスケのコーチを育てようとしているんだから、バスケを教える家庭教師にしたらいいんじゃないかって思ったのが直接的なきっかけです。
でも、大学1年の時の授業でスポーツビジネスを考えなさいっていう課題があって、その時に既にレポートに指導サービスのビジネスについて書いていたんですよ。
指導者がいないところに指導者を派遣するビジネスみたいなことはレポートに書いていたので、大学1年の時から漠然と考えてはいましたね。

指導を通して、成り得る最高の自分になってもらうお手伝いを

最初の方のお客さん、家庭教師の教える先はどういう層が多かったのですか?
ミニバスはすごい強いんだけど、中学校に上がったらバスケ部がないっていう中学生の保護者の方からの依頼とかですね。
保護者が依頼してくるのですね。
そうです。うちの子はバスケが好きだし、高校でバスケ部に入りたいって言うかもしれないからそこまで繋がるように週に1回でもバスケをさせたいっていう感じですね。
体育館をとって練習する環境を作っても教える人がいないってことで依頼をいただきました。
今のクライアントはどういう層になるのですか?
さすがに始めてから17年程経つので、僕とかはもう協会の講習会やトップリーグの選手のワークアウトですね。
他のスタッフは個人の方からの「うちの子のドリブル見てください」っていうのもあるし、あとは地域の総合型スポーツクラブのコーチングに行ったり、普通の部活のチームに行ったり、様々ですね。
イベント毎にコーチで呼ばれたりだとか、そんな感じで今は活動は多岐に渡っています。
起業されてから年数も経って事業も大きくなってきている中で、今後バスケ以外にも展開していく考えはありますか?
ミッションが「より多くの子どもたちに、成り得る最高の自分を目指す環境を提供する」なので、別にバスケじゃなくてもいいんですよ。

僕はバスケをやっていたので事業はバスケで始めて、バスケで良い仕組みが出来上がったらそれを他にも応用していけばいいと思っているんですけど、そもそもまだバスケにおいてもっとできるだろうって工夫がありすぎて…他の種目も出している場合じゃないっていう感じです。

ちなみにまだ工夫できるだろうと思われている点ってどういうところなんですか?
コーチが入ってきてからどう経験を積ませるかっていう試練の与え方を始めとした育成もそうだし、あとは練習場を自分で建てようと思っています。
もちろん事務的なシステムもまだまだ改善の余地があって、コーチの評価システムとかそういうものも今はやっています。

今後挑戦していきたいそういう新しい形態って他にもありますか?
体の使い方とか、そういうトレーニング系のことを包括してやりたいと思っています。
練習場を建てたいと思っているんですけど、そこにトレーニングルームも併設して体の使い方等のトレーニングも指導していきたいです。

どうしてもジュニアの現場って専門のトレーナーとかを置けるチームがほとんどいないので、怪我の対応とかリスクを軽減することがおざなりになりやすいんですよ。
そうすると、スポーツの面でなりうる最高の自分になろうって言ったときに怪我がちの子と怪我しない子では全然違ってくるので。

そうですよね。ストレッチの仕方を知っている指導者がいないチームとかありますもんね。
テーピング巻ける人がいませんとか。
ざらにありますよ。
何か意識されているコーチング方法ってありますか?
コーチングスタイルの順番っていうのがあるんですよ。
教える・教えないっていう軸と、考えさせる・考えさせないっていう軸の2軸です。
指導者を指導する時も基本的に同じです。
最初はガンガン真似させる、言ったことをしっかりやらせるというスタンスで、それをある程度こなしていった人達がどんどん自分なりに工夫して考えて、自立していくという流れですね。

ビジネスとして成り立つという確信を持てた

立ち上げられたサービスって今までになかったサービスじゃないですか。起業されるにあたって不安なことはありましたか?
ないですね。そもそもこれで飯を食べていこうとは思っておらず、学費の稼ぎになればいいと思っていたので。
勉強の家庭教師ぐらいでいいと思っていたので失敗したって別に人生終わるわけじゃないし、そもそも大学教授になるつもりだったので。
逆にこれでやっていこうって思ったのはどのタイミングだったんですか?
3年目ぐらいですね。立ち上げて1年目は部活をやっていなかった子ども達に毎週教えに行っていて、練習内容をHPに出していたら単発ですけど2件目3件目と依頼がきてって感じでした。

2年目ぐらいから少しリピーターが増えて件数が増えてきたので、後輩たちに手伝わないかって声をかけ始めて手伝ってもらうようになりました。
その時に、お金をもらって教えている以上、仕事としてプロ意識を持って準備をしようということで勉強会をやっていたんですよ。
コーチ育成のエネルギーにできるプロフェッショナリズムをベースにした意識の高い勉強会ができるし、もともとやりたかった子供に教えることと指導者を育てることの両方ができると思うようになりました。

これで飯食えたら良いなって思ったのが2年目の後半ぐらいでしたね。
ただ当時はそれほど収入がなかったので、どうやったら飯を食っていけるのかと思って色々ビジネスの本とか読み漁りました。
そしてお金の流れの作り方とかを考えて、スクールのような形態のやり方ができるとやっていけるだろうなとわかりました。

3年目に挑戦し始めて、これはいけるかもって思い始めましたね。
月にこれくらいの額を稼げるようになったら奥さん子どもを養えるだろうっていう目標を決めて、それは4年目にはもうクリアできるようになって5年目に会社にしました。

参考にされていた本で何かおすすめはありますか?
『7つの習慣』ですね。個人としての価値観とか自己啓発系のことがまとめられています。
あと経営的な面でいくと『ビジョナリー・カンパニー』シリーズ1~4です。組織系のことのいろんな力学がまとめられています。
あとはドラッカーのシリーズです。
だいたい全部読むと企業経営の全体像はある程度網羅できます。
この3つを押さえておけばある程度は大丈夫だと思います。

最初は実直に信じたものに向かっていくべきで、ある程度信じたものを突き詰められたら、あれ、違う側面ないのかな?って思えた方が良くて、たぶんそのタイミングで本を読むと良いんじゃないかなって思います。
本は出会いが大事ですよ。出会いのタイミングが大事です。

自分の人生も社会も豊かなものに

今後スポーツビジネスで成功していくにあたって、重要なことってどのようなことだとお考えですか?
僕たちが考えていることが唯一の正解じゃないし、いろんなことがあると思います。
これからの未来を簡単に予測できる範囲で言ったら、もうAIが活躍する未来があったりいろんなものがもっと自動化していったり便利になっていく。
便利さって人がどこかに集まるっていうことを不要にしていく可能性があって、だからその時に失われるものとか人間として欠けちゃうようなものが出てくるんじゃないかなって気もしています。

そんな時にスポーツが人が集まり続けるコミュニティとしての価値をいかに作れるかが大切だと思います。
どんなビジネスもお金を稼ぐっていうこと以上に何を為すのか、誰にどういう影響や貢献があるかっていうことが大切だと思うので、そこは立ち上げる時にはイメージしておくことが大事だなと思います。

最後に将来の起業家へメッセージをお願いします。
僕は最後に満足した人生にしたいって思ったときに、起業の方が自由性が高いと思っています。
もちろん普通に企業に勤めていても充実した人生を過ごせると思いますが、起業の方が自分の目指す仕事内容、働き方のイメージに近づけやすいです。
だから人生を満足したなって終えるっていう意味では、大変さ以上に得るものはあるんじゃないかなって思いますね。

1 View 0
応援する